肩こりにおすすめの医薬品ランキング

 

ロスミンローヤルの特徴

■シミだけじゃなく肩こりの救世主!
ロスミンローヤルはシミやシワの改善に効果がある薬と有名ですが、肩こりに効く薬としても有名です。
サプリメントではなく、肩こりへの効能効果が認められた第3類医薬品なので、肩こりに悩む方におすすめです。

■22種類の有効成分で肩こり・神経痛に効果あり!

9種類の生薬成分を含む、22種類の有効成分を配合しています。

ローヤルゼリー / L-システイン / DL-メチオニン / アスコルビン酸(ビタミンC) / ビタミンE散(50%) / チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) / リボフラビン(ビタミンB2) / ニコチン酸アミド / パントテン酸カルシウム / ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) / シアノコバラミン(ビタミンB12) / カルニチン塩化物 / 安息香酸ナトリウムカフェイン / グリチルリチン酸一アンモニウム / トウキ末 / シャクヤク末 / ブクリョウ末 / ソウジュツ末 / タクシャ末 / センキュウ末 / ハンゲ末 / ニンジン末


■初回限定1,900円で30日間分試せる!
初めて注文する場合は、初回価格キャペーンが適用されるので初回限定1,900円で購入できます。
2回目以降は5,800円で購入できます。

価格 初回1,900円
評価 評価5
備考 1瓶あたり270粒 役1ヶ月分
ロスミンローヤルの総評

肩こり以外にも、肩こり、腰痛、神経痛にも効果を発揮してくれます。
肌の悩みである、しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわの改善にも効果を期待できます。
また、のぼせや目まい、みみなりがするという人の症状軽減にもおすすめです。
冷え性に悩む女性は多いと思いますが、冷え症、末端冷え性、腰部の冷えにも効果があります。
また、産後の授乳期でも使用することができ、病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給としても使用することができます。

【成分】ローヤルゼリー / L-システイン / DL-メチオニン / アスコルビン酸(ビタミンC) / ビタミンE散(50%) / チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) / リボフラビン(ビタミンB2) / ニコチン酸アミド / パントテン酸カルシウム / ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) / シアノコバラミン(ビタミンB12) / カルニチン塩化物 / 安息香酸ナトリウムカフェイン / グリチルリチン酸一アンモニウム / トウキ末 / シャクヤク末 / ブクリョウ末 / ソウジュツ末 / タクシャ末 / センキュウ末 / ハンゲ末 / ニンジン末

 
 

トコフェロンEナチュールの特徴

トコフェロンEナチュールは肩こり、首のこりを始め、冷えやしびれの症状を改善してくれる医薬品です。
日本でも肩こりを改善する効果を期待できる医薬品は数少なく、その中でも効果が高いと評判なのがこのトコフェロンEナチュールです。

血行障害を改善してくれるビタミンEを豊富に摂取していることで、肩こりを改善します。
ビタミンEは普段の食生活では非常に摂取しずらい栄養素です。

トコフェロンEナチュールで気軽に摂取できることで、肩こりに悩まされない体を作ることができます。

価格 3,888円
評価 評価5
備考 単品価格 定期購入トライアルの場合は980円
トコフェロンEナチュールの総評

肩こりに悩んでいる40代以上はもちろん、パソコンやデスクワークの多い30代、20代にもおすすめしたい医薬品です。 特に、40代を過ぎて肩こりの改善は無理だと思っている方に使って頂きたい医薬品です。 肩こりの辛さを改善して今までの体が自分の体ではなかったのではないかと思えるほどの高い効果を期待できる医薬品です。

 

肩こりはなぜ起こる?肩こりを改善する方法

肩こりの症状は日本で男性の示す症状第2位、女性においては第1位(人口千人に対して約130人)の体調不良の症状として、多くの人が悩まされている症候です。

 

デスクワークや家でパソコンを使う生活で肩こりに悩まされている人も多いかと思います。
肩こりは主にデスクワーク等の長時間の同じ姿勢からくる筋肉負担や眼精疲労からくるストレス性、他にもクーラーが効いている職場等に影響される外部的なもの、これらによって血行の流れが悪くなり、肩や首に負担がかかって肩こりを引き起こしてしまいます。
肩こりは日常生活での身体からのストレス反応によって招いてしまっていることが多いです。

 

また、日本人は欧米の人と比べると頭のサイズに比べて首や肩の骨格や筋肉が小さい為、肩こりを引き起こしやすいと言われています。
このような肩こりを改善する方法は長時間、同じ姿勢をしない工夫を取り入れることが大切です。

 

仕事、私生活でも同じ姿勢や作業は目や肩に負担がかかりますので、それらの緊張状態をほぐすことが大切です。
他にも肩こりは自律神経系の乱れによる身体の緊張も原因の一つですので休憩を取って神経を休ませたり、肩こりの原因のひとつの血行障害を日々の中で改善、予防するということも大切になってききます。
このように肩こりを改善する方法は身体の緊張状態を和らげる直接的な方法と日々の生活を見直して予防に取り組むことで症状の緩和を目指すことが大切です。

 

肩こりが発生する原理

肩こりは加齢のせいだと思っている方も多いですが、慢性的な肩こりは様々な要因が絡んでいます。

  • 運動不足による筋肉疲労
  • 長いデスクワーク
  • 睡眠不足
  • 加齢
  • ストレス
  • 姿勢が悪い

 

長時間同じ体勢でいると筋肉に負担がかかり筋肉疲労が起こります。
筋肉が圧迫されることで筋肉内の血液量が低下し血行不良になります。
疲労物質である乳酸が溜まり、神経を刺激して痛みとなって現れます。
これに寄って肩こりや腰痛、神経痛に悩まされます。

 

対策法

適度な運動とストレッチを行い、正しい姿勢で生活することと、バランスの良い食生活を送ることが重要です。
それでも解決できないときに強い味方となってくれるのがランキングでもご紹介したロスミンローヤルです。

 

 

 

 

つらい肩こりを効率よく改善するには?

肩こりが辛くなるとストレッチ等をしてもなかなか、解消されないことがあります。
そんな時には医薬品に頼ることも選択肢のひとつです。

 

ではどんな薬が役立つのでしょうか。まずは貼るタイプの湿布薬です。このタイプは消炎、鎮痛効果が期待出来ます。ただ長時間貼り付けたままでいると肌がかぶれてしまいますので、適切な時間で剥がすようにしましょう。
その点から考えた上では塗るタイプの薬もオススメ出来ます。
成分は貼るタイプと同じなのですが、患部に塗り込むので薬効効果が薬剤を炎症箇所に作用する意味では即効性が高いと言えます。
やはり塗り薬の良い部分は肌がかぶれにくのと塗ったあとの違和感が湿布薬と比べて少ないのもオススメだと思います。

内服タイプの医薬品がおすすめ!

そして、最もおすすめしたいのが内服薬です。
これは有名なものでトコフェロンEナチュール、ドキシン錠、コリホグスがあります。
これらは数少ない肩こりに効果のある飲み薬でもあります。
両方とも筋肉の緊張を緩和させる効果やねんざにも効果が期待出来ます。またコリホグスは痛覚中枢の興奮を押さえる働きを持ち、中枢神経系に作用して頭の状態をすっきりさせる効果があるので就寝前に服用すると朝の起床時に目覚めが良くなる効果が期待できます。
他には同じ飲む薬としては漢方薬もあります。
漢方薬は神経に作用することから先にあげたものよりは即効性はありませんが、症状改善に期待が持てます。このように辛い症状の時には自分の肩こりに合わせたものを服用するのも肩こり症状の改善、緩和が期待出来ます。

 

肩こりになりにくい体に改善しよう!

肩こりに悩む人はとにかく即効性を求めて改善策を探す人が多いですが、そもそも肩こりになりにくい体を作ることが必要です。

 

即効性のある医薬品などは、一時的に症状を軽減できますがこれでは解決になりません。
痛み止めのような消炎鎮痛効果のある塗り薬や湿布等では、一時的に痛みを軽減させることができますが慢性的な肩こりの場合には根本的な解決とは言い切れません。

 

  • 睡眠は充分に取れているのか?
  • 肩こりを発生させやすい食生活になっていないか?
  • 適度な運動をせず、同じ姿勢ばかりで生活していないか?

など改善ポイントを挙げることがまず必要です。

 

肩こりは生活習慣からくるものが多いので即効性のある消炎剤や鎮痛剤を使うより、時間をかけて根本的な改善を目指すのが結果的に肩こり改善へと繋がります。
もちろん症状がひどい場合には病院に相談するのも肩こり改善の為にはかかせませんが、病院に行っても生活の改善を促されるのが主です。

肩こり改善は寝方で変わる?

 

肩こりは日々の食生活からくる血行不良も原因にあげられてきますので、これによって塗り薬や湿布を選ぶのか体内環境の改善を目的とした内服薬やサプリメントで足りない栄養素を補給して改善に努めることも大切です。
肩こりを生み出しにくくするビタミンEを摂取しつつ、運動、睡眠、休息をバランス良く行きましょう。

肩こり改善に効果的なサプリ・医薬品【肩こりに効く薬】

 

また、肩こりと同時に頭痛等も引き起こしていないか、他に腕や背中等の他の部位に違和感が無いかも把握しておきましょう。
自分の体調に不安を感じた場合は病院で診察を受けることも必要です。

 

また、朝起きて突然首筋や肩に痛みを感じるような場合は、肩こりではなく、筋肉の損傷や筋肉の緊張に関係するものだったりします。
この場合は、神経科での神経の損傷の診察、または整形外科での診察、または内科での内服治療で筋肉の緊張をほぐす治療、神経失調に効果のある自律神経調整薬のようなものも処方されることもあります。

 

肩の痛みは全て肩こりではなく、症状によって処方されるものも、対処法も違いますので自分で判断できない場合は病院の診察を受けましょう。
既にの肩こりと診断されてる場合は、日々の生活を見直してみることから始めましょう!

肩こりは病院で治る?


更新履歴