睡眠環境を改善して肩こりの症状を軽減しよう!

肩こりを解消する為には、体操やマッサージも大切ですが、日々の生活で身体的にリラックス出来る時間を持つ事が大切です。
それはどんな時でしょうか?個人的には睡眠している時間が最も重要な肩こり解消に使えるのではないでしょうか?
日本人の平均睡眠時間は6時間弱と言われています。これより短い人も居るかもしれませんが、例えば極端に2時間睡眠だとしても、この時間を肩こり解消に作用する時間と考えると長いですよね?

 

一日の中で2時間も時間を取るのは中々難しいですが、睡眠時間なら無意識のうちにリラックスする時間になり得ます。
そう考えると寝具はとても重要なものだと言えます。枕が合っていなくて、敷き布団も合わないから朝起きたら身体が痛かったり、熟睡出来ていない、なんてこともあります。

 

これではせっかくの時間が台無しです。近年では低反発素材の寝具も沢山ありますが、果たしてどんなものが良いのか?

 

例えば、敷き布団で言うなら、やはり身体の重さを分散させる機能を持ったものが適しています。ただ、柔らかすぎるものは姿勢が歪んでしまうので良くないと言われています。
また、寝苦しさを解消するのには通気性や保温性が優れているものが好ましいと言えます。適度な反発力を持った敷き布団が寝返りを打つのを助け負担を減らしてくれます。

 

プロスポーツ選手は寝具にとてもお金をかけています。それは睡眠が身体に及ぼす影響を良く理解しているからです。
また睡眠の質を上げる事は健康にも良い影響があります。肩こり解消をする目的以外にも、身体の事を考えて自分の睡眠の質の向上を計る事はとても意味があると言えるのではないでしょうか?