入浴後にストレッチを行う習慣をつけよう!

つらい肩や首の痛みや不快感。いわゆる肩こりは沢山の人を悩ませています。
原因を考えると、長時間のパソコン作業での姿勢からくる首や肩への負担、そして眼精疲労による自律神経の乱れ等の血行障害、他にも睡眠環境からくるものなど、原因は沢山あります。

 

ではどうやって肩こりを改善していけば良いか。それは日々の生活の中でちょっとした工夫で改善が期待出来る部分もあります。肩こりを感じたらまず肩や首回りの血行を促進する必要があります。
その為にはストレッチを取り入れることも大切です。そしてストレッチに慣れてきたらより身体を支えるという意味で筋トレに取り組むのも良いと思います。

 

例えばストレッチなら腕を伸ばして胸の前に持っていき逆の手で伸ばした手の肘を胸へ押すように動かす事で腕から肩や肩胛骨が伸びて血行促進に効果があります。

 

首を左右どちらに曲げて耳が肩に付くのをイメージして伸ばすのも効果的です。
他にも手を開いて伸ばし後ろから前に回す事で肩胛骨周りをほぐしてくれたりと軽いストレッチでも取り入れる事で症状が緩和されたりします。そして筋トレですが、これはやりすぎないことが大切です。

 

急にやりすぎると余計に症状が悪化してしまうのであくまで患部をほぐすようなイメージを持つ事が大切です。肩こりには腕立てが良いと言われていますが中々、キツイので膝をついてゆくっりと肩を意識して行う事が大切です。
他にもダンベル、ペットボトルを手を伸ばして持ち上げるのも効果があります。
このような身近にあるものでも上手く取り入れることで肩こり改善に効果が期待出来るので入浴後の身体が温まっている時などに取り入れてみてはいかがでしょうか?