使い分けに悩む湿布の活用法

肩こり以外でも腰痛やねんざをした際に病院で湿布をもらうことがあるかと思います。
ですが、湿布には冷湿布と温湿布の2種類あります。病院では説明してくれるのですが、自分でどちらを貼ろうか悩んでしまいます。

 

まず冷湿布を貼った方が良い場合はぎっくり腰やねんざのような炎症や腫れを抑える時に効果を発揮します。

 

皮膚の下にある筋肉や神経組織の炎症を冷却することで痛覚を抑える意味を持ちます。
では温湿布ですがこちらは貼ってからしばらくすると皮膚の温度は個人差がありますが、2度くらい上昇します。そのことから慢性的な血行不良の場合には温める効果、血行促進させる期待を込めて温湿布を選ぶことが多いです。

 

冷湿布にはインドメタシンのような消炎、鎮痛効果を期待する場合と温湿布のトウガラシ成分のカプサイシンによる温める効果をもって慢性的な肩こりを一時的に和らげる効果を期待するという選択肢を理解しておくとよいと思います。
ただ温湿布にはトウガラシ成分を含んでいますので肌への刺激が強く、人によってはかぶれてしまう場合がありますので医師の指導をもとに使用することが大切です。
しかも温湿布だけで血行を促進させる効果は薄いと言えますので、あくまで温湿布は一時的な疲労感の緩和と考え、肩こり解消には根本的な改善を目指すことが大切です。