食生活の改善も肩こり解消に役立つ!

特にデスクワークや長時間のパソコンをしているわけではないけれど、ちょっとした事で肩こりを感じている人もいるかと思います。

 

そもそも肩こりは現代だけではなく昔からもある症状ですので一概にパソコン等の普及だけが原因とは言い切れません。
それでは何故、自分は肩こりなのか?と思うかと思いますが、気にしてみてほしいのが、日々の食事です。

 

というのは肩こりは筋肉部分の緊張状態が続く場合に起きる他に肩や首の血行が悪くなっていることも原因に挙げられます。
そしてその血行不良は食生活の乱れで血流が悪くなっている、いわゆるドロドロ血液になってしまっていると、血行不良を起こしやすいのです。

 

ですので肩こり改善には食事も重要なポイントと言えます。
では肩こり改善に効果が期待出来る食事とは、代謝促進を促す栄養素を取り入れていくのが望ましいです。

 

例えば血の巡りを良くする働きを持つビタミンEを含んだ大豆食品や疲労回復効果が期待出来るクエン酸を含んだ梅干し、グレープフルーツ、その他、ビタミン、ミネラルを多く含んだプルーンもオススメされています。
他にもビタミンB1、マグネシウム、カリウム、カルシウム等、こう並べてみると偏った食事やジャンクフードでは改善されないことがわかると思います。

 

また、一つの栄養素のみを集中して摂取するというよりは例えばビタミンBを含んだ豚肉を玉ネギと炒めて、付け合わせにビタミンEを含んだ豆腐や納豆の他、野菜を容易する等、バランスよく摂取するのが良いです。
その中でいつもバランス良く食事が取れない場合に足りない栄養素をサプリやドリンクで補っていくのも良いと思います。日々の食事を見直すことで肩こり改善に繋がるとしたら、トライする価値は充分あると思います。