睡眠時に肩こりを改善ができる枕

慢性的に起こる肩こりは近年の生活習慣によって引き起こされやすい状況となってきている、現代病とも言えると思います。

 

マッサージをしてみても、中々改善されない困った症状です。
肩こり悩む人は何をするにもストレスを感じてしまい、それがさらに肩こりを悪化させてしまうような悪循環を招いてしまいます。こんなつらい肩こりを改善する為には日々の生活習慣を見直す必要があります。
ただ、忙しい現代の社会人には毎日の中で肩こりを改善する時間を作るのは難しいです。

 

そう考えると、時間を有効活用する必要があります。ではどの時間を肩こり改善に充てるのか?
それは睡眠の時間です。そして睡眠前の時間が特に大切です。睡眠前と言うのは身体も心もリラックスしやすい時間帯でもありますし、プラス寝方を工夫するだけで肩こりの改善が期待出来ます。寝る前に布団に仰向けで寝て手の平を上に向けて大の字を意識する要領で四肢を広げ5分程、この体制を取るだけでも首や肩の筋肉のリラックス効果があります。そして寝具の中で枕が持つ役割は肩こりにとっても重要だと考えられています。

 

枕を変えるだけで熟睡出来たという話はよく聞きます。その他にマッサージ効果を持つ枕もあります。
中々、自分で背中や首、肩を揉むことは難しいですが人に揉まれるような効果に近い機能を持つ優れものも出てきています。整体に行く時間や自分でストレッチをする時間が無い人でもこういった寝る前の時間や睡眠中、そしてその睡眠をサポートする枕を上手く取り入れることで肩こりを改善が期待出来るのではないでしょうか。

 

 


肩こりを和らげる枕ランキング

肩こり解消には睡眠が大切だということに触れてきましたが、実際に寝具を変えるというのは敏感になってしまう人も居ますよね。
枕やベッドが変わると眠れないなんてよく聞くお話です。それでも肩こりを解消したいと思って取り入れる気持ちになったなら出来るだけ良いものを取り入れたいですよね。

 

では実際の肩こりに焦点をあてたメディカル枕の人気ランキングを見てみました。
価格帯を見てみると3千円から7千円くらいでしょうか、この価格より高いものはサイズも大きいものだったりが多い印象です。

 

ただ中には2万円を超えるものもあります。効果はどうなんでしょうね。
ランキング上位のタイプはやはり首と頭を包みこんであまり高さがある枕ではないですね。
柔軟性がありながらもしっかりと首を支えてくれるものが人気が集まっています。他にも洗えることもやはり重要な部分となっています。素材も極小ビーズや低反発ウレタン、ジェル素材等のハイテク素材が多い印象です。

 

確かに耳なじみの無い素材は違う意味で期待感を持てるのも理解出来ますね。
他にも高さを調節出来る枕も人気があるようです。どの枕を選ぶにしてもクッションのような大きいものではなく、首に負担をかけないことと、角度を保ち続けることが出来るものをチョイスするのが良いと思います。
枕は高いものだと数万円します。高いものは高いなりの機能があるかと思います。
ただ先にも書いたように自分の寝るときの姿勢等を考慮して選ばないとせっかく枕を変えたけど眠れないなんてことのないように選ぶ必要があるかと思います。