肩こりに効く薬

肩こりに評判の良い医薬品ランキング

特徴
■シミだけじゃなく肩こりの救世主!
ロスミンローヤルはシミやシワの改善に効果がある薬と有名ですが、肩こりに対しても効能がある薬です。
サプリメントではなく、肩こりへの効能効果が認められた第3類医薬品なので、肩こりに悩む方にも選ばれています。

■22種類の有効成分

9種類の生薬成分を含む、22種類の有効成分を配合しています。

ローヤルゼリー / L-システイン / DL-メチオニン / アスコルビン酸(ビタミンC) / ビタミンE散(50%) / チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) / リボフラビン(ビタミンB2) / ニコチン酸アミド / パントテン酸カルシウム / ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) / シアノコバラミン(ビタミンB12) / カルニチン塩化物 / 安息香酸ナトリウムカフェイン / グリチルリチン酸一アンモニウム / トウキ末 / シャクヤク末 / ブクリョウ末 / ソウジュツ末 / タクシャ末 / センキュウ末 / ハンゲ末 / ニンジン末


■初回限定1,900円で30日間分試せる!
初めて注文する場合は、初回価格キャペーンが適用されるので初回限定1,900円で購入できます。
2回目以降は5,800円で購入できます。
価格
初回1,900
評価
評価5
備考
1瓶あたり270粒 約1ヶ月分
総評
ロスミンローヤルの効果効能には肩こり以外にも、腰痛、神経痛も記載されています。

肌の悩みである、しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわの改善、また、のぼせや目まい、みみなりにも効果・効能があるとされています。

冷え性に悩む女性は多いと思いますが、冷え症、末端冷え性、腰部の冷えに対しても効果が記載されています。
また、産後の授乳期でも使用することができ、病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給としても使用することができる医薬品です。

以上のように女性が日々の生活で感じやすい悩みに対して寄り添った医薬品と言う点がロスミンローヤルが選ばれている人気の一つです。

【成分】ローヤルゼリー / L-システイン / DL-メチオニン / アスコルビン酸(ビタミンC) / ビタミンE散(50%) / チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) / リボフラビン(ビタミンB2) / ニコチン酸アミド / パントテン酸カルシウム / ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) / シアノコバラミン(ビタミンB12) / カルニチン塩化物 / 安息香酸ナトリウムカフェイン / グリチルリチン酸一アンモニウム / トウキ末 / シャクヤク末 / ブクリョウ末 / ソウジュツ末 / タクシャ末 / センキュウ末 / ハンゲ末 / ニンジン末
特徴
トコフェロンEナチュールは肩こり、首のこりを始め、冷えやしびれに効く薬となっており、効果・効能に記載されている医薬品です。

日本でも肩こりを改善する効果を期待できる医薬品は数少なく、その中で評判なのがこのトコフェロンEナチュールです。

血行障害にパワーを発揮するビタミンEを配合、ビタミンEは普段の食生活では非常に摂取しずらい栄養素です。

そのビタミンEをトコフェロンEナチュールで気軽に摂取できます。
価格
3,888
評価
評価5
備考
単品価格 定期購入トライアルの場合は980円
総評
肩こりに悩んでいる40代以上はもちろん、パソコンやデスクワークの多い30代、20代にも選ばれている医薬品です。
特に、40代を過ぎて肩こりの解消は無理だと思っていた方からも評判が良いです。

大豆から抽出した天然ビタミンEを配合、冷えやこり、しびれの改善を目指す方に選ばれています。

効果・効能
末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首筋のこり、手足のしびれ、冷え、しもやけ
更年期における次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり・手足のしびれ・のぼせ
月経不順※ただしこれらの症状について、一か月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師または薬剤師に相談
次の場合のビタミンEの補給:老年期

服用方法
成人(15才以上):1回1カプセル、1日服用目安1〜2回
15才未満は服用しない

成分
d-α-トコフェロール(天然ビタミンE)300mg、γ-オリザノール10mg
添加物:小麦胚芽油、カプセル剤皮にゼラチン、グリセリン、D-ソルビトール、パラベン、ポリオキシチレン、硬化ヒマシ油を含有

肩こりはなぜ起こる?肩こりを解消する方法・実践レポート

肩こりの症状は日本で男性の示す症状第2位、女性においては第1位(人口千人に対して約130人)の体調不良の症状として、多くの人が悩まされている症候です。

 

デスクワークや家でパソコンを使う生活で肩こりに悩まされている人も多いかと思います。
肩こりは主に
デスクワーク等の長時間の同じ姿勢からくる筋肉負担や眼精疲労からくるストレス性、他にもクーラーが効いている職場等に影響される外部的なもの、これらによって血行の流れが悪くなり、肩や首に負担がかかって肩こりを引き起こすことが多いと言われており、筆者もこれらの仕事やプライベートの環境の中で肩こりを感じるようになってきました。

 

肩こりは日常生活での身体からのストレス反応によって招いてしまっていることが多いです。

 

また、日本人は欧米の人と比べると頭のサイズに比べて首や肩の骨格や筋肉が小さい為、肩こりを引き起こしやすいと言われています。
このような肩こりを解消する方法は長時間、同じ姿勢をしない工夫を取り入れることが大切だということは基本として意識したいポイントだと実感しています。

 

仕事、私生活でも同じ姿勢や作業は目や肩に負担がかかりますので、それらの緊張状態をほぐすことが大切です。

 

他にも肩こりは自律神経系の乱れは身体の緊張も原因の一つと言われています。休憩を取って神経を休ませたり、肩こりの原因のひとつの血行障害を日々の中で解消、予防するということも大切だと実感しています。

 

このように肩こりを解消する方法は身体の緊張状態を和らげる直接的な方法と日々の生活を見直して予防に取り組むことで症状の緩和を目指すことが肩こり解消を実践してきた中で感じたことです。

 

肩こりが発生する原理

肩こりは加齢のせいだと思っている方も多いですが、慢性的な肩こりは様々な要因が絡んでいます。

  • 運動不足による筋肉疲労
  • 長いデスクワーク
  • 睡眠不足
  • 加齢
  • ストレス
  • 姿勢が悪い

 

長時間同じ体勢でいると筋肉に負担がかかり筋肉疲労が起こります。
筋肉が圧迫されることで筋肉内の血液量が低下し血行不良になります。
疲労物質である乳酸が溜まり、神経を刺激して痛みとなって現れます。
これに寄って肩こりや腰痛、神経痛に悩まされます。

 

対策法

適度な運動とストレッチを行い、正しい姿勢で生活することと、バランスの良い食生活を送ることが重要です。
それでも解決できないときに強い味方となってくれたのが肩こりの症状を緩和することを目的とした医薬品の服用でした。

 

つらい肩こりを効率よく解消するには?

肩こりが辛くなるとストレッチ等をしてもなかなか、解消されないことがあります。
そんな時には医薬品に頼ることも選択肢のひとつです。

 

ではどんな薬が役立つのでしょうか。まずは貼るタイプの湿布薬です。このタイプは消炎、鎮痛に役立つポピュラーな医薬品です。ただ長時間貼り付けたままでいると肌がかぶれてしまいますので、適切な時間で剥がすようにしましょう。

 

その点から考えた上では塗るタイプの薬もオススメ出来ます。
成分は貼るタイプと同じなのですが、患部に塗り込み直接成分が浸透していくのが特徴です。

 

やはり塗り薬の良い部分は肌がかぶれにくのと塗ったあとの違和感が湿布薬と比べて少ないのもオススメだと思います。

 

内服タイプの医薬品は続けやすい

そして、最も継続しやすかったと実感できたのが内服薬です。
これは有名なものでトコフェロンEナチュール、ドキシン錠、コリホグスがあります。

 

これらは数少ない肩こりに効果・効能を持つ飲み薬でもあります。

 

他には同じ飲む薬としては漢方薬もあります。漢方医に相談をして自分の症状に合わせた漢方を調合してもらう他、ドラッグストアなどで市販薬として購入できます。

 

肩こりになりにくい体に改善しよう!

肩こりに悩む人はとにかく即効性を求めて解消策を探す人が多いですが、そもそも肩こりになりにくい体を作ることが必要です。

 

即効性のある医薬品などは、一時的に症状を軽減できますがこれでは解決ならないことが多いです。

 

痛み止めのような消炎鎮痛効果のある塗り薬や湿布等では、一時的に痛みを軽減させることができますが慢性的な肩こりの場合には根本的な解決とは言い切れません。

 

  • 睡眠は充分に取れているのか?
  • 肩こりを発生させやすい食生活になっていないか?
  • 適度な運動をせず、同じ姿勢ばかりで生活していないか?

など解消ポイントを挙げることがまず必要です。

 

肩こりは生活習慣からくるものが多いので即効性のある消炎剤や鎮痛剤を使うより、時間をかけて根本的な解消を目指すのが結果的に肩こり解消へと繋がる点が多いと実感しています。

 

もちろん症状がひどい場合には病院に相談するのも肩こり解消の為には欠かせませんが、病院に行っても結局は生活の改善は促されることとなります。

 

肩こり解消は寝方で変わる?

 

肩こりは日々の食生活からくる血行不良も原因にあげられてきますので、食生活の見直しは必要だと感じます。
特に食事が偏りがちな方は健康維持の意味でも栄養バランスに配慮した食事を摂ることをおすすめしたいです。

 

不足しがちな栄養は食品プラス、サプリなどで補うのも賢い現代人の知恵と言えますね。

 

運動、睡眠、休息をバランス良く行きましょう。

 

肩こり解消に試した医薬品【肩こりに効く薬】

 

また、肩こりと同時に頭痛等も引き起こしていないか、他に腕や背中等の他の部位に違和感が無いかも把握しておきましょう。
自分の体調に不安を感じた場合は病院で診察を受けることも必要です。

 

また、朝起きて突然首筋や肩に痛みを感じるような場合は、肩こりではなく、筋肉の損傷や筋肉の緊張に関係するものだったりします。

 

この場合は、神経科での神経の損傷の診察、または整形外科での診察、または内科での内服治療で筋肉の緊張をほぐす治療などが必要なケースもありますので、自己判断ではなく、専門機関にて相談を受けることが大切です。

 

 

肩の痛みは全て肩こりではなく、症状によって処方されるものも、対処法も違いますので自分で判断できない場合は病院の診察を受けましょう。
既にの肩こりと診断されてる場合は、日々の生活を見直してみることから始めましょう!

 

肩こりは病院で治る?

 

肩こりを治すための取り組み方

忙しい毎日の中で病院や整骨院などに通う時間がとりづいらいという方は多いと思います。筆者も実際にそうでしたので、必然的にドラッグストア・薬局などで肩こりに効く薬などを薬剤師さんにアドバイスをもらいながら選び、試して、その時の不調解消に役立ってくれたと実感しています。

 

肩こりは今ある痛みや違和感を何とかすること、そして肩こりの原因となる習慣を防ぐことが肩こり解消に繋がると感じています。

 

肩こりの症状は人それぞれ感じ方は違いますので、自分に合った解消法を取り入れて習慣とすること、そして専門家のアドバイスなども受けて取り組むことが大切だと感じています。

 

当サイトは肩こりに悩んだ筆者が学び、実践した解消法や、評判の良い肩こり対策の情報、アイテムなどを掲載しています。
この中で、自分に合った肩こり解消法のヒントを見つけていただければと思います。


 

 

|

肩こりに効く薬は?【肩こり薬を購入する前に知っておきたい知識】

 

主な業務内容

WEBサイト運営・インターネットコンテンツの作成・アプリケーション開発・コンサルティング業務

 

お問い合わせ

apbrcseufvgw■yahoo.co.jp
※■を@に変更してご送信ください。
※お問い合わせはメールのみの対応となりますのでご了承くださいませ。 
※当サイトに掲載中広告のサービス内容に関するお問い合わせは当サイトではお答え致しかねます。直接広告先へお問い合わせください。

 

 

 

| 肩こり対策に役立つ知識

肩こりを自覚するする人の多くは、デスクワークでの長時間作業から症状を感じているのではないでしょうか?
では何故、デスクワークが肩こりへと繋がるのかというと、やはりそれは姿勢に問題があるからですね。

 

皆さん分かってはいるもののどんどん前のめりにパソコンモニターを覗きこむような姿勢になってしまいます。
他にタイピングをする際にキーボードを確認しながら作業していたり、オシャレだと思ってディスプレイが自分の斜め前に置いてあったりとこうしたことが少しづつ負担をかけてしまいます。

 

他に机や椅子の高さが合っていないことや、足を組んでの作業だったりとデスワークには肩こりになる要素が満載な訳です。
また椅子に座り続けるというのは姿勢を保つ為に少なからず筋肉は緊張状態にあります。そして血行も悪くなってしまいます。

 

だから学校では1時間で区切って休憩があるわけです。逆にそうしないと集中力は続きません。また長時間モニターを覗き込んでいると、眼精疲労にも繋がり、肩こりを悪化させてしまいます。
肩こりは日々の積み重ねで症状が悪化していきます。
逆に日々の積み重ねで解消へと向かうということでもありますので、デスクワークをしたり、スマホをよく使う人は適度な休憩を取り入れて身体をリラックスさせてあげることが大切です。

 

| 肩こり解消法まとめ

毎日のライフワークに取り入れられる肩こり解消法が巷で話題になっています。
整体師の方による実演動画もあったりとわかりやすいのも人気の理由です。

 

しかも所要時間が1分や30秒で行えたりほとんどが5分以内で出来るというものが多いです。
専門家のオススメなので実践しない手はないと思います。まずは1分でできる肩こり解消ストレッチというもので、整体院のかたがオススメしています。

 

内容はとても簡単です。
姿勢を正して胸を張った状態で水泳の平泳ぎのように腕を動かします。
内側から外側に回して、その後はその逆に回すことで肩と首、そして背中の筋肉をほぐすことが出来て肩こり解消にも良いということです。

 

そして次は5分ほどで出来るストレッチです。これは北洞誠一さんが紹介していたストレッチです。これは椅子に座って行います。

 

腹筋をする時のような腕の体勢で首を動かすストレッチであったり、首の動きに合わせて眼の動きもプラスした動きもありと内容は工夫されていながら決して難しくはないです。

 

しかも実際に行ってみると首や肩あたりが熱くなっているのを感じます。これは血行が良くなっている証拠ですね。
このストレッチのポイントは頭に添える手に力は入れない事と、呼吸を止めないことです。

 

初めて行う時は力も入ってしまうこともありますが、慣れるとよりスムーズに行えます。デスクワークの合間に取り入れるも良し、自宅での肩こり解消の時間に行うのも良いです。
こうしたストレッチは身体にも優しいので年齢問わず行える部分もオススメのポイントです。

 

| 肩こり対策に役立つ知識

色々な方法で肩こり改善を目指す人の中で沢山の簡単に出来る改善方法を紹介しているスゴ腕の整体師さんが居ます。
その名も酒井慎太郎氏。さかいクリニックグループ代表として保険整骨院や大学講師、外科クリニックも兼務するまさに整体のプロです。

 

それはゴッドハンドとも呼ばれる程の腕で予約は何年も埋まっていると言われています。この方は魔法の施術と言われるほど効果のある施術を行うことでテレビでも紹介される等してこの世界では超のつく有名人です。
しかも家庭でも出来る改善方法等も紹介していますので遠くて通院出来ない人も上手く取り入れて改善を目指すのも良いかもしれません。

 

そんな酒井慎太郎氏のオススメしたい肩こり改善法はテニスボースを使った自宅で出来る施術法です。
まずテニスボールを2つ用意して、それを並べてガムテープやテーピングで固定します。

 

この固定したテニスボールを仰向けに寝た状態で後頭部の首と髪の生え際部分のくぼみに当て圧力をかけます。
これを1分ほど行う。こうする事で首の骨の軟骨を伸ばしてくれる効果があるとのこと。これは関節包内矯正という施術で自宅でも簡単に出来ることからテレビでもオススメされていました。

 

この施術は肩こりの他に部位を変えてひざ痛や腰痛にも応用出来ます。このように実際に人気や実力がある人の施術は説得力もあるのでうまく取り入れて肩こり改善を目指すのも重要かもしれません。

 

 

| 肩こり解消法まとめ

肩こり解消を目指す中で色々な体操やエクササイズがあるかと思います。
そして解消法として考えられるのが、温めるといった血行の解消、ほぐすといった筋肉の緊張緩和を目的としたものがあります。

 

そしてみなさんが敬遠してしまいがちな筋肉強化を目的とした運動です。

 

少し考えてみると、肩こりだと感じた時に解消する体操や血行促進させる行為はすでに肩こりの症状になっているわけですね。

 

ただ運動という行為は肩こりを予防する目的が大きいです。解消目的でもありますが、この解消の前に身体を強化させれば肩こりになりづらくなると言えます。
慢性的な肩こりに悩んでいた人が毎日少ない回数でも腕立て伏せや背筋を続けるうちに気付けば肩こりが解消されたと言う人も少なくないようです。

 

肩周りの筋肉を鍛えるには腕立て伏せが簡単でおすすめです。ただ急に負荷をかけるのは良くありませんので膝をついた姿勢で行うなどして工夫することが継続しやすいと言えます。

 

腕立て伏せや背筋、ストレッチを含む身体作りを取り入れることは肩こり解消には必須だといえます。
こうした中で疲れが溜まった時には肩こり解消グッズ、そして次の日に疲れを残さない為の大事な睡眠をサポートする寝具等を見直すことで肩こり解消ではなく肩こりにならない身体を作るのも大切ではないでしょうか?

 

| 肩こり解消法まとめ

運動を取り入れることは肩こり解消に効果的だと言われています。
その中で今回、注目してみたいのがプールでの運動です。
水泳と考えるとハードな印象ですが、プールで歩いたり身体を脱力して身体を浮かべて軽く泳ぐだけでも違いがあると言われています。

 

水泳やプールでの運動はプロスポーツでも取り入れられてますし、リハビリとしても有名です。
泳ぐのが苦手な人でもウォーキングをするだけでも水圧によって身体に負荷がかかって血行が促進されます。
そして泳ぐことが可能な人は腕や肩を前後左右に回す動きがすべて含まれているので肩や首の筋肉をほぐしてくれます。

 

特にバタフライは肩の可動範囲が広い泳法なので出来る人は試してみると良いかと思います。また、プールで運動することのメリットはとても多く、運動不足解消や筋肉強化や有酸素運動によるダイエットにも良い影響があると言われていますよね。

 

浮力による影響で関節に負担が少ないので走ることよりも消費カロリーが多く、ストレッチのように形を気にする必要がありません。

 

そして全身を使いますので、代謝効果も高くリラックス効果も期待できます。最近ではウォーキングレーンのあるプールも増えてきましたし、しばらくプールに行ってなかった人でも取り入れやすいかと思います。

 

ただ、運動後は身体が冷えないように気を付けることが必要です。

 

家で出来る体操やストレッチも良いですが、忙しい毎日のストレス発散の為にも慢性的な肩こりに悩む人は週に1日で良いのでプールに行く事をオススメします。

| 肩こり対策に役立つ知識

肩こりを解消する目的でフィットネスジムを検討する人も居るのではないでしょうか?
運動をすること自体は肩こり解消におすすめされています。

 

ただフィットネスジムはもちろん有料ですし、継続して通うことが面倒になってしまいがちです。また周りの人のペースに影響されて負荷のかかる運動をしてしまいがちになることもあります。
またフィットネスジムは会員制の入会がメインなので料金を払っているのに忙しくて通えない時のお金を無駄にしてしまっている感情はストレスにもなります。

 

こう考えるとフィットネスジムを肩こり解消に取り入れるにはある程度、意思を持って通う必要があるかと思います。

 

ただここまではフィットネスジムのデメリットを書きましたが、逆にメリットはなんでしょう?

 

それはトレーナーによる専門的なアドバイスを受けられること、そして実際に動きを見て貰って間違っている時には修正してもらえることだと思います。
最初の入会見学の際に肩こりの症状を伝えて、症状にあった解消法をトレーニングに取り入れたエクササイズをメニューにしてくれる所もあります。

 

こうしたメニューは器具を必要としないものなら自宅でも取り入れる事ができますね。やはり身体のつくりを知っている人に見て貰うというのは肩こりの根本的な原因に詳しい部分もあります。

 

こうした知識にお金を出すと考えるとその後の生活で効果を発揮するかもしれません。ですのでもしフィットネスジムを検討する際にはしっかりとカウンセリングがあるジムを選び、しっかりと目的を伝えて対応してくれる所を選びましょう。

| 肩こり対策に役立つ知識

肩こり以外でも腰痛やねんざをした際に病院で湿布をもらうことがあるかと思います。
ですが、湿布には冷湿布と温湿布の2種類あります。病院では説明してくれるのですが、自分でどちらを貼ろうか悩んでしまいます。

 

まず冷湿布を貼った方が良い場合はぎっくり腰やねんざのような炎症や腫れを抑える時に出されることが多いです。

 

皮膚の下にある筋肉や神経組織の炎症を冷却することで痛覚を抑える意味を持ちます。

 

では温湿布ですがこちらは貼ってからしばらくすると皮膚の温度は個人差がありますが、2度くらい上昇します。そのことから慢性的な血行不良の場合には温める効果、血行促進させる期待を込めて温湿布が出されることが多いです。

 

冷湿布にはインドメタシンのような消炎、鎮痛効果を期待する場合と温湿布のトウガラシ成分のカプサイシンによる温める効果をもって慢性的な肩こりを一時的に和らげる効果を期待するという選択肢を理解しておくとよいと思います。

 

ただ温湿布にはトウガラシ成分を含んでいますので肌への刺激が強く、人によってはかぶれてしまう場合がありますので医師の指導をもとに使用することが大切です。
しかも温湿布だけで血行を促進させる効果は薄いと言えますので、あくまで温湿布は一時的な疲労感の緩和と考え、肩こり解消には根本的な改善を目指すことが大切です。

 

 

 

| 肩こり対策に役立つ知識

両親やご夫婦の間で肩こりに悩んでいる人に何か出来ることはないでしょうか?
ちょっとした体操やストレッチを教えてあげるのも良いですし、豆知識的な肩こり解消法を教えてあげるのも良いですね。

 

そしてプレゼントとして肩こり解消商品を選ぶ人も多いです。確かに肩こりに悩む人にとっては派手では無いですが、愛情を感じるものなのかなと思います。
では大切な人にプレゼントを実際にあげるとしたら何が良いでしょうか?
まずは毎日使える貼るタイプの温熱シート系です。

 

これは手軽に肩と首を温めることが出来て使い勝手が良さそうです。次はレンジで温めて使えるゆたんぽタイプです。
これは繰り返し使えるのがお得感が感じられます。

 

次に肩こりを防止してくれる枕です。
これは毎晩この枕を使うことで肩こりを生み出しにくい状態で睡眠することができる枕で、毎日の睡眠の質を改善し肩こりを予防するのに役立ってくれます。

 

 

 

進化形のマッサージチェア

さらにしっかりと自宅で肩こり解消を目指すのに嬉しいアイテムと言えば、肩をもんでくれるマッサージチェアです。
以前のものよりも手軽に購入でき、しっかりとマッサージをしてくれることもあり、評判です。

 

価格面で諦めていた方にもコスパが非常に高いと評判のマッサージチェアがモミマーです。
近年、愛用者を急増させているヒット商品です。

 

こうしてみると様々な商品がありますが、個人的には使い切りのようなものよりは形に残るものがプレゼントには望ましいと思います。
そして長く使えるグッズが良いと思います。肩こり解消には毎日のケアは重要ですので、大切な人へのプレゼントを選ぶ際には以上のことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

| 肩こり対策に役立つ知識

肩こり解消には温めるのが基本だと言われていますが、では逆に冷やした方が良い場合はどのような時でしょう?

 

それは患部の筋違い、突発的な外部から受ける筋肉の炎症時と言われています。ですのでいわゆるぎっくり腰や寝違いで首を痛めた場合には冷たい湿布や濡れたタオルで患部を冷やしてあげることが勧められています。

 

筋肉等が炎症を起こしている場合には患部が腫れます。

 

この状態になった場合には一時的に新陳代謝を低下させて血流を制御する事を目的に患部を冷やす事で、痛みを和らげる目的となっており、症状が落ち着く、2〜3日後から温めていくのが一般的です。

 

こうした事を踏まえて肩こりや腰の痛みの際の症状を見つめてあげるのが良いです。

 

ただ慢性的な肩こり解消には、やはり温めることが大切だと言われていますので肩がつらいなと感じた時に冷やすのはオススメ出来ないと言えます。
ただポイントとしては患部を冷やす事で皮膚が反射的に温度を保とうとします。

 

結果、冷やした後、患部に血流が流れ込み筋肉が弛緩される反応が私達の身体にはありますので、冷やした後に温めるといった行為は取り入れてみるのも良いかもしれません。

 

普段から温めているけど、中々、効果が出ないといった人には温める前に一度冷たいタオル等で患部を冷やしたあとじっくり温めて上げるとより温め効果が出やすいので、肩こり解消に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

自身の肩こりの症状によって違いがありますので、まずは専門の方にアドバイスを受けてから、温冷のケアを取り入れることをおすすめします。

 

トップへ戻る