肩こり 冷やす

温めると冷やすの目的の違い

肩こり解消には温めるのが基本だと言われていますが、では逆に冷やした方が良い場合はどのような時でしょう?

 

それは患部の筋違い、突発的な外部から受ける筋肉の炎症時と言われています。ですのでいわゆるぎっくり腰や寝違いで首を痛めた場合には冷たい湿布や濡れたタオルで患部を冷やしてあげることが勧められています。

 

筋肉等が炎症を起こしている場合には患部が腫れます。

 

この状態になった場合には一時的に新陳代謝を低下させて血流を制御する事を目的に患部を冷やす事で、痛みを和らげる目的となっており、症状が落ち着く、2〜3日後から温めていくのが一般的です。

 

こうした事を踏まえて肩こりや腰の痛みの際の症状を見つめてあげるのが良いです。

 

ただ慢性的な肩こり解消には、やはり温めることが大切だと言われていますので肩がつらいなと感じた時に冷やすのはオススメ出来ないと言えます。
ただポイントとしては患部を冷やす事で皮膚が反射的に温度を保とうとします。

 

結果、冷やした後、患部に血流が流れ込み筋肉が弛緩される反応が私達の身体にはありますので、冷やした後に温めるといった行為は取り入れてみるのも良いかもしれません。

 

普段から温めているけど、中々、効果が出ないといった人には温める前に一度冷たいタオル等で患部を冷やしたあとじっくり温めて上げるとより温め効果が出やすいので、肩こり解消に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

自身の肩こりの症状によって違いがありますので、まずは専門の方にアドバイスを受けてから、温冷のケアを取り入れることをおすすめします。

 

おすすめ医薬品

ロスミンローヤル



トップへ戻る